マーケティングオートメーションの導入

MA導入のメリット

インターネットの普及で実店舗以外での購入など、購買プロセスや情報収集の仕方が変化してきました。そのため各ユーザーにマッチした情報を提供する必要が出てきたのです。MA導入により、それまで行っていた複…

MA導入のデメリット

MAを導入すると多くのマーケティング業務が自動化でき、より高度なマーケティングが実施できることが期待されます。しかしあくまで、MAはマーケティングの支援ツールであるため、導入すれば即座に役立つとい…

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング活動を人手に頼ることなく自動化することです。

より戦略的なマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション(MA)は、単に業務を効率化できるだけではないです。MAで業務を自動化して蓄積された情報には、営業で有効な情報が沢山あります。その情報を活用して新規顧客ごとの好みに合わせた営業もでき、効率的かつ戦略的な営業展開も可能です。既存の顧客へも興味ある情報だけ提供でき、優良顧客へとランクアップさせることも可能です。ここでは、MAを活用したより戦略的な営業方法についてお伝えします。

MAを活用して新規顧客を獲得する方法

MAを利用することで顧客情報を一元管理できます。この機能を利用すれば多くの情報を入力しフォームを作成したり、一括で取り込むことが可能となり、より効率的に顧客獲得ができるでしょう。また、多くの重複し…

MAを活用して既存顧客を優良顧客へと育てる方法

MAを導入したからと言って売り上げが伸びるわけではありません。MAは一つのツールとして捉え、顧客と会社の間にある問題を解決するためにMAを活用すると有効なツールとなります。「顧客の多様なニーズにど…

MAを活用した成功事例と失敗事例!どちらも会社の財産だ!

マーケティングオートメーションは、顧客情報や売り上げなどあらゆるデータを分析してくれるシステムにより事業をサポートしてくれます。主なメリットとしては、グラフや表で分かりやすくアウトプットを出してく…

失敗しないMAの選び方など

導入の目的を明確にすることが大切

MA導入で失敗しないためには、導入の目的をはっきりとさせることが重要です。自社の営業担当者と見込み顧客がどのタイミングで、どのようにコミュニケーションするかは、人間が決めなければなりません。MAツールは見込み顧客の育成に強いツールや新規リードの獲得に優れたツールといったように、ツールごとに強みが異なったものがあります。ツールの機能と目的が合致しているものを選ぶことが重要です。これまでのマーケティング活動からスムーズに移行できるツールであることも確認しておきましょう。導入したツールが自社の管理方法と合っていない場合だと、引継ぎに時間がかかり非効率になるケースもあります。自社の体制とどこまで連携するのか、導入前に検討しておくこともポイントです。

レベルにあったツールを選ぶことがポイント

MA導入後に使いこなすことができるかどうかも、選ぶ際の大事なポイントです。価格の高いMAツールはマーケティングのレベルが高いアメリカで開発されたものが多く、英語の説明書しかないことも多いので使いこなすには高いリテラシーがあることが求められます。MAツールは担当者レベルに合わせたものを選ぶことをおすすめします。使う自信がないのなら、サポート体制が充実しているツールを選ぶと良いです。つまずいた個所があった場合に、電話やチャットツールなどで問い合わせができるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。自社と似た事業を行っている企業や同じレベルの規模の企業が導入していることも、適切に運用できるか計るための指標となります。